コロナによるエンジニアの影響について

コロナによるエンジニアの影響について

「コロナによるエンジニアの影響を知りたい人」
「これからエンジニアとして働く人、働こうと思っている人でコロナの影響を知りたい人」

そんな方に向けて、記事を書いています。

はじめまして。現役エンジニアのkazと申します。

コロナによって、日本経済全体に大きな影響が出ましたよね。
「あなたのお仕事は、どうですか?」

IT業界は、飲食業などの大打撃を食らった業界に比べれば、影響がないと言われていますが、実際に現場で働く私の周りについて、記事にしたいと思います。

これからエンジニアとして働く人、働こうと思っている人は、特に不安だと思います。
この記事を読んでいただくことで、現場の影響を知り、今後のエンジニア人生の参考にしていただければ幸いです。

実際、コロナの影響はどのくらいあるのか?

現在、私はコロナ前から頂いてる仕事を継続させていただいております。
そのおかげで、コロナの影響を特に受けずに仕事ができています。

しかし、特にSES(IT派遣)業界では、新人および2~3年目に対する案件がありません。
案件としては、中堅以上の仕事ばかりで、それ以下のエンジニアは飽和状態です。

そのため、一部の企業では休業も出ていると聞いています。
現在は休業すれば、国から補助金が出るので給料の心配はないかもしれません。

しかし、国からの補助金もいつまでも続くわけではないので、これからについて考えなければいけません。

なぜ、IT業界はコロナの影響がないと言われるのか?

「案件が増えているところも部分的にあるからです」
コロナによって、テレワークが急激に広がりました。
そのため、テレワークに対応するためのシステム開発については、これから案件が増えます。

例えば、電子決裁です。
ハンコを押すためだけに会社に来ているという話もニュースでやっていましたよね。

この件に関しては、国のシステムから民間企業まで電子決裁に移行していくと思います。

逆に交通系、飲食系の案件に関しては、まったくなくなると思われます。
コロナによって大打撃を受けた業界は、システム開発に投資を全くしなくなるため、IT業界にもシステム開発の依頼がなくなります。

コロナ禍でIT企業に就職した新入社員の現状

今年の新入社員は、かわいそうな感じはあります。
当の新入社員は、自宅学習や自宅待機で休めてラッキーとか思ってると思いますが、これからのエンジニア人生を考えるとよろしくないと思います。

今年の新入社員は、研修を自宅学習で行う会社も多く、研修が終わっても参入できる案件がない状態で自宅待機や自宅学習が続いているようです。

コロナ禍で再認識すべきこと

これまではすべての人が会社に出勤して、同じように仕事をしている見えていましたが、テレワークによって、結果で判断されるようになりました。

これによって「仕事のできる人」と「仕事のできない人」との差がハッキリとしました。

コロナの影響で会社自体にも余裕がなくなってきた今、会社は「あなた」を守ってはくれません。

「職場に出勤さえしていれば給料がもらえる」コロナ前から「結果を出さなければ給料がもらえない」状況に変わってきます。

今からでも遅くはありません。
テレワークで出勤時間がない今、学ばなければいけません。