paizaのレーティングって「どのくらいあれば」いいの?

paizaのレーティングって「どのくらいあれば」いいの?

「paizaのレーティングは、どのくらいあれば評価されるのか疑問」
「プログラミング未経験でpaizaのレーティングが低いけど就職できるのか不安」

そんな方に向けて、記事を書いています。

はじめまして。現役エンジニアのkazと申します。

paizaやってみたけど、
・「自分のレーティングって高いの?低いの?」
・「未経験で低いけど、就職できるの?」
・「どうすればレーティングを上げることができるの」
そんな疑問を現役エンジニアの視点から解決します。

paizaのレーティングとは

プログラミングスキルチェックの解答結果をもとに、プログラミングスキルを数値化したものです。
数値が大きいほど高いスキルを持っていることを示しています。
チュートリアルを終了した段階のレーティングは700です。

paizaのレーティングってどのくらいが平均なの?

paizaのレーティングの平均は、公式サイトにも記載がありません。
なので、twitterでレーティングを公開されている方の平均を算出しました。

paizaのレーティング平均点:1493

「どうでしょう?自分と比べて高かったですか?低かったですか?」
正直なところ、twitterで公開されているユーザの平均点なので、公開しても大丈夫だという方の平均点という感じです。

なので、平均点に近い結果をお持ちの方は、自慢できるレベルということです。

公式サイトのレーティングを見てみると、平均点がBランク相当です。

ランクレーティング
Sランク1800以上
Aランク1600~1800ぐらい
Bランク1200~1600ぐらい
Cランク800~1200ぐらい

現役エンジニアは、paizaのレーティングどのくらいなの?

実際に現役エンジニアの私もpaizaでスキルチェックをやってみました。

結果
現役エンジニアのpaizaのレーティング:1615

一応、平均点以上を取ることができました。

Dランクの試験から始めて、Bランクの試験まで詰まることなく正解できましたが、Aランクの試験で不正解でした。
感覚的にAランクの試験は、アルゴリズムの知識などプログラミング以外の知識も問われるので、Bランクの試験を正解できるのを目指して頑張りましょう!

新卒でBランクの試験を正解できる実力があれば、とても優秀だと言えます。

paizaのレーティングが低くても就職できるの?

paizaの公式サイトには、下記のように記載されています。

paizaは未経験エンジニアも評価される世界を目指しています。

・スキルチェック問題をたくさん解く行動力のある方
・スキルチェックでより難しい問題にチャレンジしている方

paiza公式サイト

paizaでは、レーティングだけでなく、行動力、チャレンジ精神を企業に評価されるように工夫されているので、現状レーティングが低くても問題ありません。

paizaのレーティングを向上させる方法

・問題をひたすら解く
・教本を買う
・オンライン講座を受講する
・プログラミングスクールに通う

問題をひたすら解く

最大のメリットとしては、問題の傾向がわかってきて、何を勉強すればいいか見えてきます。しかし、問題を解いているだけでは、自分の知識以上のことを覚えられないので、問題を解きながら違う勉強方法と並行して行いましょう。

教本を買う

最大のメリットとしては、手軽で自分で裁量をもって勉強することができます。
しかし、強制力がないため、モチベーションによっては、せっかく教本を買っても、続かなければ意味がありません。

オンライン講座を受講する

TechAcademyなど最近流行りですが、最大のメリットとしては、指定の場所に通うことなく、自宅で受講することができます。
デメリットとしては、費用が高いことですが、勉強する気があるなら、自己投資は必要経費です。それは、未来で何倍にもなって返ってきます。

プログラミングスクールに通う

スクールに通う最大のメリットとしては、半強制的に勉強することができます。
先生にも直接質問できるので、成長は早いと思います。

まとめ

・paizaのレーティングの平均点は、1493
・現役エンジニアのpaizaレーティングは、1615
・Bランクの試験が正解できるようになれば優秀。
・レーティングを向上させるには、問題を解きながら、別途スクール等で学習する。
・paizaでは、未経験でも就職が有利になる仕様になっている(行動力やチャレンジ精神が評価される)ので、現状低くても問題ない。

【補足】paizaの試験(スキルチェック)中にネットで調べていいの?

私が実際にpaizaの試験(スキルチェック)を行ったとき疑問に思ったので、参考になればと思います。

公式サイトを確認したところ、下記のような記載がありました。

以下のルールを守って受験してください。
・問題及び提出コード、ヒントをブログやSNS等に掲載しない
・解答やヒントを教えてもらったり他人のコードを利用しない
・複数アカウントで事前に問題を見るなどの不正行為をしない

以下の行為は、禁止行為となります。
・ウェブ検索にて、他の受験者の解答コードを検索して閲覧する行為

以下の行為は、禁止行為にはなりません。
・標準ライブラリ関数の利用方法を確認するために、プログラミング言語の公式リファレンス等を参照する。
・一般的なアルゴリズムについての解説記事をウェブで検索して参照する、例えばバブルソートの実装方法など。
・過去に自分で作成したコードを参考にする。(もちろん、複数アカウント等で事前に問題を閲覧してコードを作成するのは不正行為です)

paiza公式サイト

まとめると、他人から回答を教えてもらうことやネットで回答自体を検索してはいけないということです。

一般的なアルゴリズムの解説や関数の使い方など問題の回答自体に関わるものでなければ、ネットで閲覧しても大丈夫です。