【現役エンジニア回答】文系でIT企業に就職する不安を解消!

【現役エンジニア回答】文系でIT企業に就職する不安を解消!

「文系の学生でIT企業に就職したいけど不安」
「文系卒でこれから勉強してIT企業に就職したいけど不安」

そんな方に向けて、記事を書いています。

はじめまして。現役エンジニアのkazと申します。

ちなみに私は理系で、バリバリの情報系です(笑)

しかし、IT企業で働く半分が文系です。
これまで文系の後輩や同僚と接してきた私が、あなたの抱える不安について解消します。

就職面接ではなく、主に就職してからの仕事について書いていきます。

あなたが感じる不安

文系がIT企業に就職して働く際に不安に感じるポイント
・ワード、エクセルが精一杯でも大丈夫?
・数学が苦手でも働けるの?
・タイピング遅いけど、大丈夫?
・プログラミングやったことなくても働けるの?

「どうでしょう?あなたが不安に感じているポイントに当てはまりましたか?」
文系の後輩や同僚と接してきた私が、こんな不安を解消します。

ワード、エクセルが精一杯でも大丈夫?

「大丈夫です!」
正直なところ、ワードやエクセルも使えない人がたくさんIT企業で働いています。

しかし、IT企業ではエクセルの使用頻度がとても高いです。
例えば、システムの仕様書(システムの作りをまとめた資料)やシステムの見積もりなどすべてがエクセルで作成されます。

その中でエクセルの関数やマクロが使用されます。

就職の段階で知っていなくてもいいですが、sum関数くらい知ってるほうが、現場で教えてくれる人は喜びます!

数学が苦手でも働けるの?

「大丈夫です!」
正直なところ、プログラミングで数学が必要になることは、よほど難しい分野を扱っている企業でしかありません。AI分野などです。

私も一応理系ですが、数学が得意というわけではありませんが、プログラミングをしていて数学を勉強しておけばよかったと思う場面はありません。

タイピング遅いけど、大丈夫?

「大丈夫です!」
文系で就職してきた後輩を見てきましたが、タイピングの遅い人は結構います。
しかし、タイピングはPCを扱うIT企業では必須です。

早ければ程いいです。
タイピングが遅いと仕事が遅いというのに直結してしまうので、今は遅くても努力が必要です。

プログラミングやったことなくても働けるの?

「大丈夫です!」
私は、何人もIT企業で後輩を見てきましたが、就職前からプログラミングをやったことある人は稀です。

むしろ今プログラミングをやっているのであれば、とても貴重な人材であると言えるでしょう。

さて、いろんな不安について「大丈夫です!」と回答していきましたが、
実際、気になるのは、文系と理系。
現場で働いている人から見ると何が違うのかということです。

実務で感じる文系理系の違い

文系理系をもう少し分けると、情報系、情報系以外の理系、文系となります。

情報系
・就職前からプログラミングの知識がある(人によって差が大きい)
・難しい話でも学生時代に勉強したことがあり、何となくわかる
論理的思考が得意な傾向がある
コミュニケーションに難がある人がいる

理系
論理的な思考が得意な傾向がある

文系
コミュニケーション力が高い傾向がある
    

「どうでしょう。やはり情報系が強いように感じますか?」

私の見解は、違います。
確かに情報系は、プログラミングの知識があり、実務上、有利であるといえます。
しかし、実務経験を伴わないプログラミング知識があっても、多少の差でしかありません。

「私が強いと思うのは、文系です。」
なぜなら、コミュニケーション能力が高いからです。
IT企業は、プロジェクトごとにチームで活動します。

また、IT企業の顧客は、システムに詳しいわけではありません。
そこで難しい言葉を使わなくても説明ができるコミュニケーション力が必要になるのです。

「それが私が文系でIT企業に就職しても大丈夫であると言える理由です!」