【現役エンジニアが語る】エンジニアの給料について

【現役エンジニアが語る】エンジニアの給料について

技術職であるエンジニアの給料が何で決まると思いますか?
私は、エンジニアとしてIT業界に就職してから、4年目になります。
4年目の今、給料に一番直結するのは、技術力でも、コミュニケーション力でもなく、就職している会社です。

給料を決める一番の要因

就職した会社によって、給料が決まります。
今からIT業界に就職を考えている人がいたら、「就職してから技術さえ付ければ、金持ちにもなれる」という考えはやめましょう。

実は、私がそうでした。
スーパーエンジニアになって、誰よりもすごい技術があれば、多少小さな会社でも金持ちになれると思っていました。

しかし、IT業界は下請けに仕事を回すごとにマージンを取っていきます。
まだ2次請けくらいならいいですが、3次、4次請けは当たり前で間の会社が、それぞれマージンを取っていくので、大元の会社が100万で発注しても、実際に開発するエンジニアまでいくと50万になってるなんて普通です。
それでも、日本企業はこの体制をやめることはないでしょう。

こんな業界だから、IT土方と言われ、優秀な人は一握りで文系ばかりの職種になってしまうのです。
世界を見渡せば、エンジニアといえば学生のころからエンジニアになるために勉強した人がなるとても貴重な職種なのに、日本では違うんです。

給料を上げる方法

先ほど、エンジニアの給料を決める一番の要因は、就職した会社であると言いました。
逆に言えば、いい会社に入れば、給料がとてもよくなるということです。

先ほどのマージンも下請けに仕事を横流しするだけで、得ることができるのです。

IT業界には、「SES」といういわゆる派遣があります。
SESで実際に大きな会社に行った経験もありますが、正直なところ、技術力もコミュニケーション力も大企業だからといって、変わりません。

社会で働いたこともない大学生を面接したところで、優秀かどうかなんてわかるはずないんです。
今、下請けで働いていたとしても、転職すればいいんです。
IT業界は、転職に優しい印象です。

下請けの今、力をためて転職して大企業に入る。
それがエンジニアとして給料を上げる方法です。

フリーランスもいいと思います。