pythonを学ぶべき理由(メリット)について

pythonを学ぶべき理由(メリット)について

AI時代と言われる現代でこれから学ぶべきプログラミング言語といえば「python」です。
日本国内では、pythonの技術者が不足しています。
だからこそ今後、AIがさらに発展していく世界でエンジニアとして活躍するために「python」を学ぶべきなのです。

今回は、pythonがなぜAI時代に必要なのかについて解説します。

pythonとは

Python(パイソン)インタープリタ型の高水準汎用プログラミング言語である。グイド・ヴァン・ロッサムにより創り出され、1991年に最初にリリースされたPythonの設計哲学は、その顕著なホワイトスペースの使用によってコードの可読性が重視されている。その言語構成とオブジェクト指向のアプローチは、プログラマが小規模なプロジェクトから大規模なプロジェクトまで、明確で論理的なコードを書くのを支援することを目的としている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/Python

主な特徴は、少ないコードで簡潔にプログラムを書けること、専門的なライブラリが豊富にあることなどが挙げられます。

そもそもPythonは、コードを書きやすく読みやすくするために生まれたプログラミング言語のため、だれが書いても同じようなコードになるようになっています。

pythonを使用するメリット

メリット①:文法がシンプルで可読性が高い

pythonの特徴として「オフサイドルール」初稿という書き方の規則があります。
行頭をインデント(字下げ)することで一塊とする規則のことです。
これにより、ほかの人が書いたコードが読みやすくなります。

メリット②:コンパイルが不要

pythonは、インタプリンタ言語であるため、コンパイルの必要がありません。
インタプリンタ言語は、処理速度が遅いというデメリットはありますが、コード修正が容易です。

メリット③:便利なライブラリが充実

  • BeautifulSoup4(Webスクレイピング)
  • face-recognition(顔認識)
  • python-fire(CLIを自動生成)
  • pycrypto(暗号化)

メリット④:便利なフレームワークが充実

pythonのフレームワークでもっとも有名なのは「Django」です。
あのInstagramも「Django」を使用して、開発されています。

メリット⑤:将来性が高い

Pythonは「機械学習」や「データ解析」で注目されている言語です。新たにPythonを使用する職種も発生しており、Python関連の求人数は、2017年対比で1.7倍と増加しており、今後もさらに需要が高まっていくことが想像されます。

メリット⑥:年収が高い

下記のサイトでは、開発言語別の技術者年収ランキングが紹介されています。
pythonも上位に入っており、今後もランキングが上昇すること間違いなしです。

https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/01068/111100004/

pythonで開発されている有名サイト

YouTube
Instagram
Evernote

まとめ

まだ国内では、普及しているとはいえないpythonですが、海外市場では今もっとも勢いのあるプログラミング言語です。

RubyやJavaで作られたWebサービスが多いという過去の流行が原因で、pythonに対応できる技術者が国内に不足しています。

今後、国内、さらに海外市場で活躍するエンジニアにとって、pythonの学びは必須となるでしょう。

P.S

pythonを学ぶにあたって、プログラミングスクールをお勧めします。

Tech Academyとは、最短4週間で未経験からプロを育てるオンライン完結のスクールです。
どこかに通う必要なく、自宅でもプログラミングやアプリ開発を学ぶことができます。

Tech AcademyのPython x AIコースでは、Webアプリ開発とAIが学べます。
特徴としては、

  • 完全オンラインで、忙しい社会人や地方在住の人でも学べる
  • 業界最安の受講料
  • 受講者数が非常に多い