LP(ランディングページ)の定義ついて

LP(ランディングページ)の定義ついて

LP(ランディングページ)って、どういうものか理解できていますか?
最近、副業案件でLP(ランディングページ)作成をよく見かけます。

今回は、LP(ランディングページ)がどういう目的で作成されたいるページであるか解説します。

ランディングページとは

LP(ランディングページ)の意味を調べると下記のような検索結果となります。

LP(広義):ユーザが最初に訪問するWebページ
LP(狭義):ネット広告にリンクを設定し、1ページでコンバージョンまでつなげるページ
※コンバージョン:Webページから得られる成果

つまり、ランディングページでは、訪問してから成果を得るまでを1ページに集約しなければいけません。

そのため、ユーザがスクロールする途中で離脱しないように、デザイン性の高いページが多くなっています。

ランディングページが一覧で紹介されているサイト
http://lp-web.com/

ランディングページを作る意味

Webサイトでは、ページ間を移動する際に平均30%が離脱するといわれています。

これをランディングページでは、防ぐことができます。
ランディングページでは、縦長の1ページにすることで、ページ移動での離脱を防ぎ、ユーザの行動をコンバージョンか否かの2択に限定します。

また、知りたい情報を1ページにすべて表示させることで、コンバージョンまでつなげやすくさせます。

ランディングページで注意すること

ランディングページでのナビゲーションリンクは、マイナス効果!

上記でも解説しましたが、ランディングページでは、ページ移動での離脱率をなくし、コンバージョンまでつなげるがメリットとなります。

しかし、ある調査の結果では、ランディングページの96%にページを離れて別ページを開くリンクを有しています。

もっと大切なのは、LPO(ランディングページ最適化)を行うことです。

一概に外部リンクがダメというわけではなく、外部リンクがあったほうがコンバージョンを取れるという裏付けのほうが大切です。

P.S

筆者は、ランディングページについて勉強するまで完全にランディングページについて、誤解してました。