AWSのDB(mySQL)の使い方

AWSのDB(mySQL)の使い方

AWSのDBの使い方について、解説します。
DB(mySQL)の作成からツール(A5:SQL Mk-2)での接続までを行います。

Amazon RDSでDB(mySQL)の作成

①まずは、Amazon RDSでデータベース作成をクリックします。

②簡単作成を選択し、設定でMySQLを選択しましょう。
※今回は、MySQLで作成しますが、どのDBでも基本的には同じです。

③それぞれの項目に、任意の値を設定してください。

④設定出来たら、「データベースの作成」ボタンをクリックします。

⑤数分待てば、データベースの作成完了です。

作成したデータベースに接続する方法

①-1「パブリックアクセシビリティ」を変更する。

①-2 下記の画面を参照し、パブリックアクセシビリティを「はい」に変更します。
※「いいえ」の場合、IPアドレスが割り当てられないため、
 外部からDBに接続できないため、変更する必要があります。

②エンドポイントを確認しましょう。

③セキュリティグループを確認する。
※デフォルトでは、すべてになっています。

④セキュリティグループを変更する。
下記の画面を参照し、インバウンドルールを3306ポートに対して、
接続できるようにしましょう。

⑤A5:SQL Mk-2を起動しましょう。
※A5:SQL Mk-2は、フリーソフトですので、検索してダウンロードしてください。

⑥データベースを登録しましょう。

ホスト名:②で確認したエンドポイント
ポート番号:3306
ユーザID:データベース作成時に登録したユーザ名
パスワード:データベース作成時に登録したパスワード
データベース:mysql

以上で、接続完了です。