【前編】JAVAでYOUTUBEのAPIを使ってみた

【前編】JAVAでYOUTUBEのAPIを使ってみた

「JAVAでYOUTUBEのAPIを使用してみたい」
「YOUTUBEのAPIの使い方がわからない」

そんな方に向けて、記事を書いています。

はじめまして。現役エンジニアのkazと申します。
私は、JAVAでYOUTUBEのAPIを使用するサイトを作成しました。
その時のコードを用いて、解説していきます。

これからプログラミングをする方のお役に立てばと思います。

YOUTUBEのAPIで得られる情報について

YOUTUBEのAPIを使用することで、下記のような動画の情報を取得することができます。

・title(タイトル)
・description(概要)
・thumbnails(サムネイル)
・viewCount(動画が再生された回数)
・likeCount(動画を高く評価したユーザーの数)
・dislikeCount(動画を低く評価したユーザーの数)
・favoriteCount(動画をお気に入りに登録しているユーザーの数)
・commentCount(動画に対するコメントの数)

詳しくは、公式のページに載っていますので、下記のURLから確認してください。

https://developers.google.com/youtube/v3/getting-started?hl=ja

YOUTUBEのAPIキーの取得について

①APIキーの取得

YOUTUBEのAPIを使用するには、専用のAPIキーが必要です。
Googleアカウントがあれば無料でAPIキーを発行することが可能です。

1.https://console.developers.google.com にアクセスします。

2.「プロジェクトを作成」ボタンをクリックします。

3.プロジェクト名は、任意の名前を設定いただき、「作成」ボタンをクリックします。

4.「APIとサービスを有効化」をクリックします。

5.「YouTube Data API v3」をクリックします。

6.「有効にする」をクリックします。

7.「認証情報を作成」をクリックします。

8.適宜、入力後、「必要な認証情報」をクリックします。

9.これで、APIの取得できました。

②ブラウザでのYOUTUBEのAPIを使ってみる

先ほど、取得したAPIを使って動画の情報を取得してみましょう。

1.ブラウザで下記のURLを検索してみましょう。

URL:https://www.googleapis.com/youtube/v3/videos?id=(動画ID)&key=(APIキー)&part=snippet,contentDetails,statistics,status

※(動画ID)、(APIキー)は適宜変更してください。

例)https://www.googleapis.com/youtube/v3/videos?id=7lCDEYXw3mM&key=AIzaSyBEjtzG5rsYoj7g-0QRtOrnE36Qyrfl-Ik&part=snippet,contentDetails,statistics,status

以上で、YOUTUBEのAPIが使用できる状態となります。


後編では、実際にAPIを使用する手順を解説します。