【初心者向け】AWSのEC2構築手順

【初心者向け】AWSのEC2構築手順

「AWSにサーバを構築したい」
「AWSのサーバ構築手順を知りたい」

そんな方に向けて、記事を書いています。

はじめまして。現役エンジニアのkazと申します。
私はAWSでサイト運営をしています。
その経験をもとに記事にしています。

これからサーバ構築をする方のお役に立てばと思います。

AWSとは!

AWS(Amazon Web Services)とは、Amazon.comにより提供されているクラウドコンピューティングサービスである。

ウェブサービスと称しているが、ウェブサービスに限らない多種多様なインフラストラクチャーサービスを提供している。

これらのサービスは全世界で22の地理的リージョンで提供されている。

まとめると、通販とかで有名な誰もが知ってるAMAZONが作ってるクラウドサーバのことです。

あのAMAZONが作ってるっていうんだから、間違いないよね。
しかも、1年間無料で使用することができる。

レンタルサーバを借りるとか考えている人がいたら、AWSも視野に入れて検討をしてみてほしい。

AWSの公式チュートリアル

AMAZONの公式サイトにチュートリアルがあるのでのぞいてみてもいいかも。
https://aws.amazon.com/jp/try-cloud/

①AWSアカウント作成

まずは、下記のURLからアカウント作成をしましょう。
AWS アカウントを作成

②Amazon EC2 を使って Linux サーバーを作成

続いてAmazon EC2でLinuxサーバを作成します。

1.下記の画像を参考にサービスのEC2を選択します。

2.左のサイドメニューからインスタンスを選択し、「インスタンスの作成」ボタンをクリックします。

3.OSを選び、「選択」ボタンをクリックする。
今回は、Linuxサーバを選択します。
自分が使用したことのあるOSや希望のサーバがあれば、それを選択してください。
なんでもよければ、Linuxでいいと思います。

4.インスタンスタイプ(メモリ等のサーバの性能)を選択し、「確認と作成」ボタンをクリックする。
デフォルトで選択してあるまま、進みます。
変更すると、無料枠の対象とならないので、注意してください。

5.「確認」ボタンをクリックする。
設定内容を確認し、問題なければ、進んでください。

6.新しいキーペアの作成を選択し、キーペア名は任意の名前を入力後、
「キーペアのダウンロード」ボタンをクリックする。
ダウンロードしたキーペアは、大切に保存しておいてください。

SSHのキーペアは、今回作成したサーバにSSH方式で接続する際に使用します。
例えば、teratermやwinSCPを使用する場合に必要になります。
作成し、保存しておくことをお勧めします。

これで、サーバ作成完了です!

③接続してみよう!

1.作成したインスタンスを作成し、アクションから「接続」を選択します。

2.「EC2 Instance Connect」を選択し、接続ボタンをクリックします。

3.接続完了!

AWSの無料枠について

アカウント作成から12か月の間、無料枠があります。
無料枠は、750時間/月です。

1か月が28日の場合
 24時間 × 28日 = 672時間

1か月が31日の場合
 24時間 × 31日 = 744時間

上記のように、1か月フルで使用しても、無料枠の上限を超えることはありません。

AWSの無料枠詳細ページ:https://aws.amazon.com/jp/free/

DB等も無料枠がありますので、必要なものは、無料枠で賄うことができます。

無料枠終了後は、料金が発生しますので、下記のリンクでどのくらい料金が発生するか確認しておきましょう。

AWSの料金計算ページ:https://calculator.aws/

【注意事項】AWSを使用する場合

実際に私は、AWSを使用してサイトの運営をしています。

AWSの一年間の無料枠を使用していますが、月末になるとAMAZONから無料枠上限が迫っているというメールが送信されます。

上記でも解説しましたが、無料枠の上限を超えることはありませんが、例えば、試しにDBをもう一つ作成し触ってみた等を行った場合、いつも通り無料枠を超えないと放置すると請求が来てしまいます。
※実話です。